洗顔は泡を駆使して行うもの

洗顔に重要なものは泡です。キメ細やかで吸着力に優れた泡を利用して、毛穴の隅々まで優しく汚れを拭い去っていくことが、洗顔の正しいあり方だといえるでしょう。

 

洗顔料にも色々なものがありますが、肌の弱い人やにきびを刺激したくない人は、積極的に泡タイプの洗顔料を使用していくのが効果的です。泡立てて広げて放置して洗い流す、そんな肌に直接刺激を与えない方法で、トラブルの元になる余計なものを取り去っていきましょう。

 

そして十分に泡に汚れが吸着されたとなったら、よくすすぐことを忘れないでくださいね。泡は肌に残ってしまうと、それ自体が肌にとっての余計なものになってしまうので、必ず全ての泡をしっかり洗い流すようにすることが大切です。

 

泡を駆使して、よい洗顔を行っていきましょう。

洗顔料の泡立ちについて

洗顔料がなかなか泡立たなくて困ること、割と多いですよね。あわ立てるためには色々な工夫があります。

 

まずは100均で泡だてネットを買う、という工夫です。出来れば、品質の良い泡立ちネットを購入したほうが、泡のきめ細やかさが増すので良いのですが、こだわらない場合には、100均のもので十分です。

 

意外と知られていない泡立てアイテムとしては、みかんのネットがあります。みかんのネットは目が荒々しく、それだけ洗顔料の泡を増幅させてくれます。

 

手に取り方にも、泡立ちのコツがあります。ふんわりと包み込むように、泡を持つことが大切です。てのひらの水分は多い方が、よりしっかり泡を立てられますので、そういった部分も特に気をつけると良いでしょう。

 

参考:毛穴 黒ずみ 洗顔料